ラットレー マーリン・フレーク

写真は100g 入りだが缶入り50gもある。

バージニア+ペリクというカテゴリーに分類される。
ペリクはほんの僅か、柔らかく穏やかで絶妙なバランスに
ブレンドされたバージニアを更に引き立てているのがペリク葉なのだろう。

フレークのためやや火がつきにくいがほぐして詰めたり、キューブカットにすると
着火しやすく、一度安定して火がつくと消えることはない。
着香たばこやラタキア入りとは違い強く個性を主張する香りではないが
熟成されたヴァージニアの深い旨味が心地いい。

本当に美味しい。リピート決定だな。

 

One Response to ラットレー マーリン・フレーク

  1. Pingback: 【パイプ煙草】レビューサイトを参考にリストを作成してみた | Essays in Idleness

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です