フル・バージニア・フレーク【Samuel Gawith_ Full Virginia Flake】

ピュア・ヴァージニア煙草である。
着香系やラタキアブレンドなどのように独特の個性があるわけではない。
つまり香り付けや燻製などをせず、ヴァージニア種の葉だけを使って熟成や
させた煙草ということだ。
故に素朴で繊細。
フレーク状のパイプたばこでヴァージニア葉のみのものはたくさんの銘柄があり、
ダンヒルのFLAKEと、このフル・ヴァージニア・フレークが特に評判がいいらしい。
シガレットで言えば、ショートピースがピュア・ヴァージニア煙草だった気がする。
しかし、熟成の深さから味わいは深く、全く別物と言っていいほど違う。
「昔吸っていたあの紙巻たばこと同じバージニアナノカ?」と
疑うほどに香りが本当に美味い。

次回は250g入りを海外通販しようかな?

One Response to フル・バージニア・フレーク【Samuel Gawith_ Full Virginia Flake】

  1. Pingback: 【パイプ煙草】レビューサイトを参考にリストを作成してみた | Essays in Idleness

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です