ビュテラ ロイヤルビンテージ ラタキア no.1【お気にいり】

パイプデビューして最初の1本目のパイプを購入した頃、まず手にした煙草は
ダンヒル マイ・ミクスチャー 965(以後“MM965”と略す)でした。
(今でもまだまだパイプは初心者だと思っているが)
最初に缶を開けた時の香りは衝撃的で、これ本当にウマイのか?と
半信半疑だったのを思いだします。

で・・・結局、MM965はかなりのお気に入り煙草になった訳ですが
たまに立ち寄るショップにラタキアNo.1が置いてあるのを見つけ、
迷わず購入。¥2500とMM965に比べると割高です。

しかし、このパッケージデザイン・・・渋いなぁ。

お味の方はというと。
コレは旨い!
缶を開けた時はMM965よりも香りがきついと感じましたが、
火を入れるとラタキア独特の旨味が広がります。

ブレンドによってうまく調和が取れているのだと思います。

棘がなく、いい香りで、ずっと咥えていたくなる。
いい煙草に出会いました。

このシリーズにはラタキアNo.2も存在します。
実は海外通販で購入してあるのですが、まだ缶を開けていません。
これが全部灰になる頃には封を切って
2つを比べながらテイスティングしたいと思います。

One Response to ビュテラ ロイヤルビンテージ ラタキア no.1【お気にいり】

  1. Pingback: パイプ入門編② | Essays in Idleness

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です